カテゴリー
未分類

運だけで勝ち取ったアマチュア初段

ここのところ藤井聡太竜王の活躍により、将棋ブームが再燃しています。
私も将棋好きで将棋のタイトル戦はよく見る方です。
一流の棋士が活躍する姿を見るのは楽しいものです。

圧倒的な不利の状況下であっても、たった1手の指し間違いにより形成が逆転するのが将棋だと思います。
その一瞬一瞬のドラマを眺めることこそ、将棋の魅力であると私は考えます。

そんな将棋好きの私ですが観るのは好きであっても実際に将棋を指すとなると話は違います。
そう、私は将棋はめっぽう弱いのです。
将棋のアマチュアの段位を獲得した人は、和紙に書かれた将棋の免状を発行してもらえますが、実践で勝てない私が将棋の段位を取ることなど夢のまた夢。

私には到底無理だろうと思っていました。
そんな時、日本将棋連盟のサイトで1つのイベントが発表されましたが。
それは「日本将棋連盟」の次の一手の問題が21問出題され、ある一定以上の成績を収めた人には免状が発行されるというものでした。
普通に初段の免状を発行してもらうのにはいくつか方法があります。

普通は「将棋世界」などで、次の一手の宿題問題に解答し、累計ポイントで初段認定しないもらう方法や
町の道場等で非常に高い成績を挙げてプロ棋士から認定してもらう方法。

アマチュアの将棋の大会で優秀な成績をもらう方法。「将棋ウォーズ」などのアプリで初段以上のポイントを稼ぐ等の方法がありますが、どれもすぐに初段の免状を獲得するのはどれも難しいです。
それが秋の日本将棋連盟のイベントで、「次の一手」の3択問題21問に、ほぼ半分以上の成績を取れば初段の免除が獲得できるというので一念発起。

ネットのみで完結する問題に気合いを入れて解答すると、なんとあっさり初段認定の合格点に達して、悲願の将棋の初段の免状を獲得することができました。

今、私の部屋には額縁に入った免状が飾られています。
何事も諦めないことです。

巡ってくるチャンスを逃さないようアンテナを張ることで、いろんなチャンスが訪れます。

そのタイミングを見逃さないよう周りをみまわすことで意外なチャンスが訪れるかもしれません。
その力を逃さないように、日頃から周囲のアンテナを張ることが大事なように思います。

よりキレイを目指す“あなた”にお勧めしたい美顔器♪